*

2016年4月

マイナンバー対策はこちらへ

国民総背番号制という聞きなれない制度が日本に導入されます。一般名称はマイナンバーとなるようです。社会保障番号とう名前でアメリカでは実施済みです。国民一人ひとりに個別の番号を振り個人を識別・管理しやすくするものです。内容的には海外とさほど違いはないでしょう。番号が書かれた通知カードも合わせて発行されます。これとは別に、個人番号カードが発行出来ます。銀行やキャッシュカードと同じくらい大切です。紛失したさいには他の身分証と同様に最寄りの警察へ届け出をおこなうべきですね。自宅はもちろん会社等でマイナンバー 対策を心がけてしっかりとした管理が求められます。データ漏洩が騒がれていますので、きっちりとしたいところです。政府はもとより個人でも管理する事が何より大切です。

気になるマイナンバー制度

国民番号が実施されようとしています。マイナンバーという言葉が最近多く出るようになりました。アメリカの社会保障番号と同様に個人を特定するための番号が国民に付与されることになります。アメリカで実施されてる仕組みと中身は一緒ですね。制度と同じくマイナンバー記載された通知カードも発行されます。これは身分証としては使うことが出来ません。番号もそうですがカードも安全な所にしまって下さい。不注意に無くなったら直ぐに所定の機関へ連絡して下さい。個人はもとより会社でもマイナンバー制度a>をよく理解して、大切に保管することが必要になります。情報流出が騒がれていますので、担当者はしっかりとした対処をするべきです。一人では限界があるので社会全体で管理する必要がありますね。

家族のことを思うならとことこ介護

一線を退いた彼らの介護が課題となっています。介護業界も大きくなり企業も増えてはいますが、老人ホームの入居費や医療費など課題が多く残ります。介護師など働く人の環境改善も必要と叫ばれていますね。若い人材がなかなか集まらないそうです。更には、介護老人の虐待も報道されています。家族の命をあずかる場所ですので、老人ホーム・介護施設も入念に調べなければいけません。業界紙やインターネットを使い最低限の情報を集めましょう。もちろん、介護施設への見学も忘れてはなりませんね。安心して家族をお願いする場所はとことこ介護がいいと思っています。